格安ツアー 飛行機 格安チケット 春にして君を想う | あかいはな
 

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
春にして君を想う
 
<< パチレスですん(*´∀`)つ【10/1】 | main | きょーとおーさかにっき。20121123 >>

も う 秋 で す が (´゚∀゚`)
今さらも今さらすぎて、なおたろうさんに「書きましたよー」なんてお伝えしにいく勇気がないので、こっそりあぷします(´・ω:;.:... しかも「書きましたよー」なんて言えるほど全然書けてないっていう(´:;....::;.:. :::;.. ..... 
そんな言い訳まじりな感想文です(ノ∀`)
とにかく。はじめてみる生王子様は大人になっていたよ。表情も、声も、考え方も。いや、考え方の根本は変わってないんだろうけれど、それを包み支えるものが変わってきたのかな。なんかねーオザケンと自分との間のフィルターも変わってきた。斜めからではなく、しっかりまっすぐからみれる。クセのあるヤツ、には変わらないけれど、でもやっぱり印象としてはまるくなった。すごくいい意味で。
以下、王子のコンサートについてもろもろ。

何から書こうか・・・なかなかむずかしい。
席は2F最後列(といっても一応5列目)で思いの外距離があって、双眼鏡持ってこればよかったと後悔。持ってくる人なんていないとおもってたけれど、そうでもなかった(ノ∀`)ヲタクの必須道具はオザケンも同じだた(ノ∀`) コンタクトしてたけど、表情は肉眼ではわからなかったな。でも、たのしそうでしあわせそうなのはちゃーんとわかった!でもド真正面だったからその点はさいこー!オペラシティのあの会場すてきすぎる!
バンド(と言っていたw)編成は、真ん中にオザケン@ギター、左にベース、右にコーラス(たまにパーカッション、てか太鼓)、バックに四重奏のストリングス。もうこのストリングスにちょう感動した!オペラシティっていう会場だけに、音の響きがすばらしくて。中でもチェロがお気に入り。あの深みのある重低音がいい。まじでクラシックのコンサートいきたい。もちろん、オザケンが掻き鳴らすギターの音はたまらないけれど、今回はかなりストリングスにヤラレた!!!
で。オザケン。歌声は、ずっとCDで聴いていたあの頃とは違って、低くなったなっていう印象。でもそんな大人のオザケンの声にぴったりなアレンジがさいこーにハマっていて、すべてここちよかった。アレンジめちゃくちゃかこよす!!!
イントロを聴いてピンとくるものもあれば、えっこの曲?!って意表をつくものもあって。(意表をつかれたの・・・なんだっけなorz)
とにかく。今の【小沢健二】というひとを全身で感じることができた、そんなコンサートでした^^

開演前の会場内にはテンポの違うメトロノームがいくつか鳴らされていて、会場内が静かになるにつれメトロノームの音が耳につくようになって、オペラシティに響く。そして開演時間になると黒子が現れて、ひとつずつ止めていく。のち、暗転。
オープニングモノローグは毎日違っていたみたいで、十二夜はやくしまるえつこ。わたくし、最近こっち方面は疎くなっているので存じ上げなかったんだけれど、彼女が自己紹介した瞬間ちょう沸いてたwww めためた声がきゅーと(*´ω`*) ♪いちょう並木のセレナーデのオルゴールをまわしながら朗読。「音楽はムダで、贅沢で、なくたって生きていける。でも、この世界では音楽が鳴っているんだから、ムダや遊びを楽しめる。音楽が鳴っていたらしあわせなキモチになれる。だからこの街に音楽が鳴り続いていたらいいなと思う(ざっくり)」そんな感じのおはなし。
そしてスタート。朗読があって、その後に曲を数曲、の繰り返し。そして曲のはじまりはメトロノームでテンポを刻み、音と声が重なっていく。いいな、この感じ。このメトロノームの音も楽器なんだ。

*****
ここまで4月に書いていたんだけれど、そのままになっていて今にいたる(ノ∀`)まだ全然はじまってないし(ノ∀`)(ノ∀`)
がっつり思い出すのは大変なので、思いつくままにツボを箇条書きに。

・朗読にて。インド映画がすき。何がいいって【輪廻オチ】www
・あっ!イントロのアレンジの雰囲気が変わっていて元ネタわからなかったのはたぶん♪ドアノックだとおもう!
・みんなで歌うところ。声を聴かせて!と手をクイッとカモン!的にやってみんなに歌わせるその「クイッ」がかわゆす(*´ω`*)
・もっともっと!と手をクイックイッとやってギターを掻き鳴らす彼は実にきゅーと。
・そして耳に手をあて、会場に響く声を聴く。
・みんなオザケンに声を届けたいんだ。
・♪愛し愛されて〜(だっけな?)で当時のPVやらオフショ的なものがバックのスクリーンに流れ、なつかしい、だいすきだった若いオザケンがたくさんいた\(^O^)/
・みんなテンション上がって歌声も大きくなる!
・朗読にて。130のテンポがすきな速さ。それを「130グルーヴ」って呼んでいる。

・千穐楽だから、最後は長いかなーと思っていたら、予想通りたくさんしゃべってた!
・最後の最後に、実は毎回お手伝いをしてくれていたぼーちゃん登場\(^O^)/
・あああ目の前でオザケンとぼーちゃんがしゃべっているううううう\(^O^)/ごいすううううう\(^O^)/
・ふだんはなかなか表舞台に立たないんだけど、と紹介されてエリザベス登場\(^O^)/wow!!!
・なんか、デレる(*´艸`)

*****
ここまで6月に書いていたんだけれど、またまたそのままに(ノ∀`)ああもう書きたいけど思い出せなくてっていう(ノ∀`)(ノ∀`)
思い出したらここに追記していこうとおもいます。
あとね、ひとつ。これははっきり目で見て確かめたわけじゃなくて、憶測といえばそうなんだけど。でも、ウチノヒトももしかして?って言ってたからそうかもしれないんだけど。
2階の全部で5列ぐらいしかないような場所の最後列にいて、扉がわりと近くにある場所だったんだけど。暗転して始まって少ししたら、扉が開いて車椅子の人が入ってきたの。そのとき、あれって思って。音が少ない曲のとき、その方がいる方から何か機械的な音や、漏れる声が聞こえてきて。やっぱりそう?でも、はっきり見てないし、そもそも顔だって最近の彼女はどんな感じなのかわからないし。コンサートが終わったと同時にすぐに出て行ってしまったからわからないまま。
一応レポとか漁ったけど見つからなかった。でも、もし、この想像が正しければ・・・王子様に逢いにきたのかな(*´ω`*)

■セットリスト ※お借りしました

モノローグ 音楽という時の芸術(やくしまるえつこ)
モノローグ 振り子

01. 東京の街が奏でる
02. さよならなんて云えないよ
03. ドアをノックするのは誰だ?
04. いちょう並木のセレナーデ
05. 今夜はブギー・バック / あの大きな心

モノローグ 文章の長さ

06. あらし
07. いちごが染まる
08. それはちょっと

モノローグ Believe

09. 天使たちのシーン
10. おやすみなさい、仔猫ちゃん!
11. Back To Back

モノローグ 大人の世界

12. 東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディー・ブロー
13. 僕らが旅に出る理由
14. 強い気持ち・強い愛
15. 春にして君を想う

モノローグ 人の体、街の体

16. 暗闇から手を伸ばせ
17. 愛し愛されて生きるのさ
18. ラブリー
19. ある光
20. 神秘的(ものかたりす)
21. 東京の街が奏でる

*****
ここまで7月ぐらいに書いていたと思われる。それを10月さいごの日にあぷ。特に意味はないけれど、ふと思い出したので\(^O^)/

 
auther:あい, あいのにっき。, comments(2), -, - pookmark
スポンサーサイト
 
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Comment
 
久しぶりにお邪魔したら、オザケンネタ!しかも地味にプレッシャーを与えてたであろう、私のリクエストのライブ感想文(≧▽≦)
本当にありがとうございます!!しかもコツコツと書き溜めてくださってたなんて、じーん(゜-Å)

いい意味でまるくなったとか、今のオザケンを全身で感じることができたとか、「手をクイッ」をかわゆすと思うこととか、だいすきだった若いオザケンとかw、わかるわかる〜ぅな共感の嵐!!読んでて、すっごく気持ちよかったです(*´∀`*)

千秋楽は長時間だったという情報は聞いてたんですが、嫁さんまで登場してたとは!スペシャル感満載だったんですね、素敵★

オペラシティ×今回のセトリという組み合わせは、私にとっては何だか神々しく思えて(オペラシティへは行ったことありませんが)、行けなかったことが残念無念でならないんですが、あいさんを始め、愛ある眼差しを持った人が書く感想を読んでると、その空間や瞬間を想像することで心が満たされるから不思議です。∞関係だと、嫉妬心しか湧かないですもんw

最後に書かれてある、車椅子の人。もしかすると、もしかしますよね。前回のツアー時も来場してて、その時はオザケンから紹介があったそうなんですが、今回はそういうレポを全く見かけないから、本人である可能性は非常に高いかと…
王子様に逢いにきたんですね(o´∀`人)

あいさん、今回は本当にありがとうございました!ご無理言ってすみませんでした(´・ω・`)

そうそう、前回のライブを収録したCD-BOX(15,000円也!)は悩みに悩んだ末、購入しましたよ。ポップアップショップも兼ねた展示会にも行き、その後、CD-BOX一般発売記念だとかで配布された小冊子も朝から並びに行ってゲットしたりと、なかなか染まってますwそうそうないことだから、これくらいいいやと思いながらw
なおたろう, 2012/11/05 1:14 AM
お返事おそくなりました>< そして・・・今さらな感想文でっっ!!><
でもこのタイミングで来ていただけたなんて、なにか通じたのでしょうか(*´ω`*)
全然プレッシャーなんかじゃないですよ!自分でも残しておきたいっておもっていたので^^
一生のうちに、生王子(ぱっと見なまたまごみたいなんてよけいなこと考えましたw)に会えるなんておもってもいなかったので、これは駄文であれ感想文を書かずにはいられませんでした! ただ、ペースが実に遅くwwwそしてどんどん忘れゆく記憶・・・
もうほんと、おはずかしい内容の感想文となりましたが、読んでもらえてうれしいです(*´ω`*)

そう、まさかの嫁さん登場!でも、呼び込むとき(たしか)「僕の友達」っていう言い方してたんですよね。
それがなんとも彼らしいというか(*´ω`*)
「奥さん」なんてことばはちょっと違和感を感じるわけで^^そして、仔猫ちゃんたちにとって最後まで夢をみさせてくれつつもw、ツーショットを見せてわくわく。
オザケンを前にすると、だいすきだった頃の自分の感覚に戻りますよね^^
まわりのみんなもそうなんだろうなーとおもって、会場を見回したりしてました。確実にあらさー以上な人ばっかりでしたけど(*´艸`)

オペラシティはほんとステキな会場でした!
聴き比べたことはないけれど、あのストリングスがもうほんとにすばらしくて!音の響きが感動モノでしたよ。
それにマッチしたアレンジで、ぜいたくだったなって思います。
彼が「バンド」って言っていたのがすごく印象的で。
メトロノームまでも楽器の一部となって、音が重なって、曲を作り上げていっていて。
そこに、ちょっとオトナになった声が重なる。
でも彼が言うところの「130グルーヴ」のアレンジのときはがむしゃらにギターを掻き鳴らして、どんどんヒートアップしていく。
静と動のバランスもすごくよくて、ほんとに心地よかったです^^
動きはかわゆくて、ふいに見せる表情は年相応で、考え方はやっぱりまっすぐで、子供ゴコロは忘れていない。
楽しませようとしてくれて、本人もほんとにしあわせそうで、その表情(はっきりとは見えていませんがw)がみられてよかったです!

車椅子の方。そうかなーって思っちゃいますよね^^
そっと見守っていたのかな。王子様はいつまでも王子様なんですね(*´ω`*)

なおたろうさん、CD-BOX買ったんですね!
あてくしも悩みましたが、協議の結果却下に・・・
でもほんと、なおたろうさんが言うように、そうそうないことだから、こういうときは悔いのないように!ですよね^^
グッズのお話もいろいろしていて、Tシャツに描いてあるのは新宿の街並みで。
よくアメリカ人が、街のロゴや街並みの絵が描かれたTシャツをさらっと着ているのがかっこよくて、そういう感覚で、新宿の街並みにした、みたいな話をしていて、ちょっと興味深かったです^^印象に残っているのにはっきり内容を覚えていないのが残念ですがwwwww

次はいつかな・・・やるかな・・・やらないかな・・・
ガツガツせずに、こっちも気まぐれに待っていたいなーって思います。

長々とおへんじすみません(ノ∀`)
Re:なおたろうさん♪, 2012/11/14 12:36 PM









 
 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.